【京都】おすすめ穴場観光スポット223選!地元民だからこそ知る隠れ名所

121. 蛤御門

京都穴場観光スポット(蛤御門)

京都御苑の西側にある門です。

元々は「新在家御門」といわれており、閉じていたが天明の大火の際に、開門しました。

「焼けて口あく蛤」に例えられ「蛤御門」と呼ばれる様になりました。

1864年に長州軍と薩摩・会津連合軍が御所で引き起こした禁門の変は「蛤御門の変」ともいわれています。

禁門の変のときに、攻守の要地となったところだったので、「蛤御門の変」と呼ばれる様になったそうです。

戦は長州軍の惨敗で、戦火で民家3万8000戸余を焼き尽くしてしまうほどでした。

禁門の変とは、尊皇攘夷運動の中心的存在だった長州藩は、

1863年8月の政変で京都を追放されてしまい、ずっと復活のチャンスをねらっていました。

1864年6月に池田屋事件が起こり尊攘志士が多数死傷されてしまい、

久坂玄瑞や来島又兵衛、福原越後ら藩内の急進過激派が激高し、

京都に向けて武力進発する事態となってしまいます。

軍を率いた長州勢は、

天皇に対し藩主のえん罪を晴らし長州の復権のために嘆願を出すのですが、事態は何も進みませんでした。

そして前年に政変を起こし、

長州藩を朝廷から遠ざけた本人、薩摩・会津勢を「力ずくでも排除して参内すべし!」と半ば強引に御所に接近し、

薩摩・会津・桑名藩ら御所警備の藩兵たちと衝突したのが禁門の変です。

歴史を知ってから御所に行くと中々見応えがあるかと思います。幕末ファンにはぜひ足を運んで欲しいスポットです。

蛤御門

蛤御門

住所:京都市上京区烏丸通下長者町上ル

アクセス:地下鉄「丸太町」もしくは「今出川」下車徒歩3分

電話番号:075-211-6348(京都御苑管理事務所)

入場料:無料

営業時間:自由

 

122. 木戸孝允旧邸・達磨堂

京都穴場観光スポット(木戸孝允)

木戸孝允というのは長州藩出身の明治維新の政治家のことです。

1833年生まれで桂小五郎とよばれ、のち木戸姓に改名します。

西郷隆盛、大久保利通らと一緒に尊王攘夷、討幕運動に指導的役割を果たしました。

文久年間から慶応年間の京都の政局は主導権を巡り、

動乱の時代と呼ばれ、その中心は朝廷であり御所を中心とし公卿屋敷が政治の拠点でもありました。

この木戸孝允旧邸は、政治拠点の一隅にあり、近衛家の下屋敷を譲り受けて別邸となしたものです。

1877年5月19日、病気療養中の木戸孝允に明治天皇の行幸がありましたが、同月26日にこの世を去ってしまいます。

享年44歳でした。当時の邸宅と庭園の一部が現存しており、

妻であった松子は尊攘運動のころ、木戸を庇護した芸者「幾松」とよばれています。

夫妻の墓は東山の霊山に今もあります。

木戸孝允旧邸に隣接する達磨堂には、

木戸孝允の養子であった木戸忠太郎が明治末期から昭和初期にかけてコレクションしたといわれている、

起上がり達磨をはじめとした、

玩具や日用品、装飾品や書画、ポスターなど達磨に関連するものが約数万点ほど納められています。

興味のある方はぜひ一度行ってみてください。

木戸孝允旧邸・達磨堂

住所:京都市中京区土手町通夷川上る末丸町284

アクセス:

地下鉄「京都市役所前」下車3番出口より徒歩約10分

市バス「河原町丸太町」下車徒歩約5分

京阪電鉄「丸太町駅」下車徒歩約5分

営業時間:10:00~16:30

定休日:ゴールデンウィーク期間中の土日祝日、年末年始

木戸孝允旧邸・達磨堂のホームページこちら

 

123. 三条大橋

京都穴場観光(三条大橋)

江戸時代の旧街道、東海道の京都側の起点として知られている「三条大橋」。

京都市内を流れている鴨川(加茂川)に掛かる橋の中で唯一、木製の欄干が残されている橋です。

京都に住んでいる人は何気なく歩いていますが、実はとても歴史的情緒たっぷりな橋なのです。

橋の安全を願って玉ねぎ型の「擬宝珠」が設けられているのも魅力のひとつです。

そのほとんどは豊臣秀吉の時代から残されているものなのでとても歴史があるものです。

特に見どころとして、南側車線の西詰より2個目の擬宝珠には幕末の刀傷が残っています。

これは池田屋事件で逃走する攘夷藩士たちに向けて、新撰組が振り下ろした刀傷といわれています。

また、1864年に板橋刑場で処刑された近藤勇が、この付近の河原でさらし首とされたといわれています。

歴史を知ると何気なく通っている三条大橋も、いつもとは違った目線で見ることができるので面白いかと思います。

刀傷を探しながらぜひ歩いてみてください。

三条大橋

住所:京都府京都市中京区中島町

 

124. 京都タワービルの大浴場~YUU~

京都穴場スポット(京都タワービル)

 

京都穴場観光スポット(京都タワー大浴場)〇早朝から営業。旅の疲れを癒す京都タワーの大浴場

2014年に開業50周年を迎えた京都タワービルの地下3階にある大浴場~YUU~。

朝7時から入浴できるこの大浴場は、知る人ぞ知る人気スポット。

地元民だけでなく、 夜行バスを利用する観光客にも人気の大浴場で、観光シーズンの朝は待ち時間が出るほどの盛況です。

入浴料は平日大人750円。バスタオルは1枚100円で、フェイスタオルは1枚まで無料で貸してもらえます。

脱衣所のロッカーも大きく、荷物の多い観光客も安心して収納できます。

スーツケースは店内に置かせてもらえます。

気になる浴場ですが、男湯は、浴室のほぼ中央にある大きな浴槽が印象的。

浴槽の中心には噴水が設けられ、そこからたっぷりの湯が涌き出ています。

また、壁には大文字山や京都タワーが影絵のように浮かび上がり、地階にいながら京都の風景に思いを馳せることができます。

女湯は、モノトーンを基調とした落ち着いた空間。

洗い場が一人分ずつ区切られているので、周囲を気にすることなくゆったり使用できるのも魅力です。

パウダーコーナーも広く、湯上りも心置きなく支度できるので安心。

男湯・女湯ともに石鹸、シャンプー、基礎化粧品、ドライヤーなどが無料で利用できるので、手ぶらで訪れることができます。

また、毎月1回、男湯・女湯の各浴槽で、古来からの風習である「菖蒲湯(5月)」や「ゆず湯(12月)」といった変わり湯も実施しています。

ホームページではお得なクーポンも出ているので、必ずチェックしてから行きましょう。

大浴場~YUU~

住所 京都市下京区烏丸通七条東塩小路町721‐1

営業時間 7:00~22:00 (最終入場21:30) ※当面の間、13:00~21:00(最終入場20:30)。営業時間を予告なしに変更することがございます。

定休日 京都タワーの休館日に準ずる

お店のHP https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/floorguide/spa.html

大浴場~YUU~のホームページこちら

 

125. 豆禅(ラーメン屋さん)

京都穴場観光スポット(豆禅)

京都穴場観光スポット(豆禅)

〇ベジタリアンも大絶賛!渾身の豆乳ラーメンを食べられる豆禅

地下鉄烏丸線松ケ崎駅から徒歩約10分。

北大路から一つ南にあり、下賀茂神社にも近い豆禅では、

動物性食品を一切使わない100%植物性で作った豆乳ラーメンを食べることができます。

お店は玄関で靴を脱いで上がる古民家風ないで立ち。

ラーメンの種類はスタンダードな豆乳ラーメンの「武蔵」と「大豆ミート担々風」の2種類です。

麺の量も(S.M.L)から選べ、麺の種類も標準の細麺以外に米粉麺(+250円)、クロレラ麺(+250円)にも変更する事が出来ます。

ベースとなる豆禅のスープは動物由来の成分やタマネギ、ニンニク、らっきょ、ネギ、あさつき等を全く使っていないビーガンの豆乳スープで、

豆乳特有の臭みも無くとてもコクのあるミルクのようなクリーミーさが特徴です。

初めて食べる方には、

ベースのスープをそのまま味わっていただきたいですが、

健康にとても良いと言われるクロレラ、デトックス効果のある麻炭を選ぶこともできます。

「武蔵」はトッピングの山椒がさらに旨みを引き立て、

「大豆ミートの担々風」は5段階の辛さから選ぶことができます。

また、湯葉丼もとても人気で、ラーメンとセットで注文する人が非常に多いとか。

体に優しいビーガンラーメン、ぜひ味わってみてください。

豆乳ラーメン専門店 豆禅

住所 左京区下鴨東高木町13-4

営業時間 11:30~14:30、18:00~21:30

定休日 水・木

豆乳ラーメン専門店 豆禅のホームページこちら

 

126. ゲストハウス胡乱座

京都穴場観光スポット(故乱座)

京都穴場観光スポット(故乱座)
京都穴場観光スポット(故乱座)

地下鉄四条駅から徒歩10分の場所にあるゲストハウス胡乱座は、

明治時代に建てられた京町家を改修して2005年にオープンしたゲストハウスです。

京町家とは、京都独特の格子戸、虫籠窓などの造りを備え、伝統的な建築工法で建てられた、

京都の人々が昔から暮らす家屋のことです。

本物の木と土で造られた京町家は、京都の風土に合わせて考え抜かれ、

さまざまな工夫が施されており、自然を感じながら過ごすことができます。

「胡乱座」とは、「法会などで、僧侶が位次、席次によらず、

勝手に、とりあえず、適当に座ること」を意味する禅家の言葉です。

胡乱座の主人は、「肩書きにとらわれず、

胡座(あぐら)をかき胡乱に・・・よい加減で過ごしてほしい」という願いを込めてこの名前をつけたそうです。

胡乱座の宿泊料金は1人一泊4000円。

この破格な料金の理由はで宿泊することがまた、

築120年を超える胡乱座は、「旧長岡家住宅主屋」として国の有形文化財に登録されています。

京都にはゲストハウスが多くありますが、

国の文化財の京町家に泊まるという体験はここ胡乱座でしか味わうことができません。

そんな胡乱座の宿泊料金は一人一泊4000円。

国の有形文化財という価値ある建造物にも関わらず料金が安い理由は、

「エアコンなし」「部屋の鍵なし」「防音性なし」というところでしょうか。

昔のままの京町家を体感してほしいという主人の意向で、あえて建造当時の状態で残しているのです。

希望者は茶の湯や座禅の体験をすることもできます(茶の湯体験は2日前までに予約が必要)。

ゲストハウス「胡乱座」

お宿のHP https://www.uronza.com/

ゲストハウス「胡乱座」のホームページこちら

 

127. 嵐山の新八茶屋

京都穴場観光スポット(新八茶屋)

京都穴場観光スポット(新八茶屋)

〇嵐山に行ったら必食!新八茶屋のアイスクリーム

嵐山は京都を代表する名所の一つ。

その嵐山のシンボルといえば、桂川と大堰川を境に掛かる渡月橋ではないでしょうか。

一年中、観光客で賑わいを見せる嵐山には、数々のグルメスポットがありますが、

嵐山に行ったらぜひ食べてほしいのが渡月橋のふもとにある「新八茶屋」のアイスクリーム。

昭和16年創業の「新八茶屋」で販売するのは、

京都らしい和テイストのソフトクリームや、旬の新鮮な素材にもこだわったジェラートなどのさまざまなアイスクリームです。

店内に入るとさまざまな種類のジェラートが並ぶショーケース、

その奥にはイートインスペースがあり、絶品ジェラートを食べることができます。

さらに驚くことに、新八茶屋には「イタリアンジェラート国際大会」で入賞したジェラートがあるのです。

その名も「プレミオ・ピスタチオ」と「レモンのワルツ」。

2010年、2014年の2度に渡り入賞した実績を持つ「プレミオ・ピスタチオ」に使用しているピスタチオは、

イタリア・シチリー産の高級ピスタチオを使用するというこだわり。

ピスタチオの風味が香り高く、一口食べたらなめらかな舌触りとともにピスタチオの風味が口いっぱいに広がります。

日本屈指の観光地で世界が認めた絶品ジェラートを片手に、嵐山を散策してみてはいかがでしょうか。

新八茶屋 嵐山本店

住所 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町37-17

営業時間 9:00~18:00

定休日 不定休

お店のHP http://www.sinpachi.com/

新八茶屋 嵐山本店のホームページこちら

 

128. 南禅寺の湯豆腐「八千代」

京都穴場観光スポット(八千代)

歴史的建造物と美しい庭園が有名な南禅寺。

南禅寺は紅葉で有名ですが桜の名所でもあり、

観光シーズンの春と秋には海外からの観光客からも人気があります。

そんな南禅寺周辺では、美味しい湯豆腐を味わうことができます。

その中でも今回は京都の美しい庭園を眺めながら絶品湯豆腐を味わうことができる「八千代」をご紹介します。

八千代では、湯豆腐と京料理の懐石料理を楽しめます。

小川治兵衛のお庭が有名で、

美しい庭園や優雅に泳ぐ鯉が見える池はさらに情緒あふれる京都の雰囲気を醸し出し、

京の情緒を堪能することができます。

庭園は四季の移り変わりを楽しむことができるので、どの季節に行っても美しい景観を見ることができます。

八千代の湯豆腐は、昔ながらの手作りの味。

毎朝利尻昆布と一緒に丁寧に時間をかけて仕上げた「だし」から作る「濃口湯豆腐のたれ」は八千代の湯豆腐のためだけに仕込まれています。

全てが手作りの、こだわりの京豆腐とたれをぜひ味わってみてください。

また、八千代では京料理も食べることができます。

季節感を大切にする京料理は、旬の食材を使い、陶器や磁器、漆器などさまざまな食器を使って季節感を演出します。

京の粋人たちが好んで訪れた南禅寺の畔で、

季節を映し出す美しいお庭とともに、京料理と湯豆腐をお楽しみください。

南禅寺 八千代

住所 京都市左京区南禅寺福地町34

営業時間 11:00 ~ 16:00 (L.O.15:00)、17:00 ~ 21:30 (L.O.19:30)

定休日 年中無休

南禅寺 八千代のホームページこちら

 

129. 大悲閣 千光寺

京都穴場観光スポット

京都穴場観光スポット

京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット

神々しさを感じさせる名前がつけられた大悲閣 千光寺は、

山中にひっそりと佇んでおり、

京都の街を一望することができる絶景スポットです。

大悲閣 千光寺に行くためには、

渡月橋から大堰川に沿って上流に向かってひたすら歩きましょう。

道中、大悲閣 千光寺の場所を表す看板がありますので、

その看板を目印にして歩きます。

ひたすら歩いて有名な高級旅館である星のや京都さんの門が見えたら、

大悲閣道と呼ばれる石段を登っていくとたどり着くことができます。

山中にあるため、たどり着くまで体力を消費してしまいますが、

その分景色を見たときの達成感はさぞかし素晴らしく、かけがえのないものになるはずです。

絶景を眺めることができるのは、

断崖の上にそびえ立つ客殿と呼ばれる場所です。

客殿からは、保津川や比叡山など、京都ならではの景色を堪能することができます。

自然に囲まれた大悲閣 千光寺から眺望できる景色は、

慌ただしい都会の暮らしを忘れさせてくれるような癒しの効果があります。

秋には紅葉で紅色に染まった美しい木々の絨毯を眺望できます。

もちろん、秋以外の季節も青々とした目に優しい緑の山々を楽しむことができます。

江戸時代の豪商であり、水運の父としての名で知られている角倉了以が、

大堰川の開削のための工事で亡くなった人々を弔うために建立した大悲閣 千光寺。

かつての大堰川を想像し、

開削工事のために命を落とした人々に想いを馳せながら美しい景色を堪能してみてはいかがでしょうか。

大悲閣 千光寺

所在地: 〒616-0004 京都府京都市西京区嵐山中尾下町62

大悲閣 千光寺のホームページこちら

 

130. 正伝寺

京都穴場観光スポット

京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット

正伝寺は、京都市北区西賀茂に位置する臨済宗南禅寺派のお寺です。

正式名称は正伝護国禅寺といい、

本堂や境内の中にある襖絵などが重要文化財に指定されています。

重要文化財の1つである方丈の客室の襖絵は、

狩野山楽筆といって繊細なタッチで描かれており、

まるでほう…と息を飲んでしまうような美しさです。

客室を出たところにある廊下の天井は血天井と呼ばれ、

関ヶ原の戦いの直前に伏見城に籠城した徳川方の重鎮となる人物やその他大勢が落城の際に切腹し、

果てた廊下の板がそのまま天井として使われています。

真偽は不明ですが、天井には切腹したときの血痕が残っているんだとか。

そんな歴史を持つ天井には、少し恐怖心のようなものを感じさせます。

血天井から視点を移してみると、

そこには静寂に包まれた美しい枯山水の庭園が姿を現します。

庭園は獅子の児渡しという名がつけられており、

白砂で敷き詰められた地面にサツキの木が植えられています。

一見シンプルで退屈な景色のようにも思えますが、

そのシンプルさがゆったりと過ごすにはちょうどよく、気持ちを落ち着けてくれます。

庭園の奥にゆうゆうとそびえ立つ比叡山を眺望することもでき、

静けさに包まれた庭園と偉大なる比叡山の組み合わせは実に見事なものです。

また、春には庭園の中にあるサツキの花が開き、

シンプルな風景に桃色の彩りを与えてくれます。

秋になると、庭園の外から見える木々が紅色に染まり、

秋の色がひょっこりと顔を出します。

四季折々の変化を楽しむことができる正伝寺で、ぜひ流れゆくひとときを。

正伝寺

〒603-8847 京都市北区西賀茂北鎮守庵町72

正伝寺のホームページこちら

 

131. 鹿王院

京都穴場観光スポット

京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット

鹿王院は、京都市右京区に位置する臨済宗系の単立寺院で、

足利義満が建立した宝憧寺の塔頭寺として建てられました。

しかし、肝心の宝憧寺は応仁の乱の影響でなくなってしまい、

鹿王院だけが今世まで遺された形となりました。

そんな歴史を持つ鹿王院は、

京都の紅葉スポットの1つですが、

周辺に存在する人気スポットとは少々距離があるため観光客もそれほどおらず、

ゆっくりと観光することができます。

嵐山の渡月橋から徒歩15分のところにあり、

住宅街の中に突如現れる鹿王院の山門は、確かな歴史を感じさせます。

山門をくぐると、参道が現れます。

真ん中には石畳があり、両脇にある美しい紅葉が訪れた人々を出迎えてくれます。

鮮やかな紅葉を目に焼き付けて、

石畳でできた参道を踏みしめる時間は実に素晴らしいものになるはずです。

思わず立ち止まって、紅葉の一つ一つをいつまでも眺めていたい気持ちにさせてくれます。

もちろん紅葉の季節以外にも、

青々とした新緑が訪れた観光客を出迎えてくれるでしょう。

参道を踏みしめながら奥へ歩いてゆくと、由緒ある建物が出現します。

嵐山をバックに映し出される舎利殿と庭園は、まさに日本の和を感じさせます。

初夏には庭園に沙羅双樹の花が美しく咲き誇ります。

この風景を見ていると、心に秘めていた大和魂を思い出させてくれるかのようです。

日本の和を感じたい方はぜひ鹿王院を訪れてみてください。

鹿王院

京都市右京区嵯峨北堀町24 

鹿王院の情報こちら

 

132. 柳小路通

京都穴場観光スポット

京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット

柳小路通は、知る人ぞ知る京都の穴場スポットです。

かつて、大人のための繁華街として栄えていましたが、

時間が経つにつれ人々から忘れ去られてしまった場所です。

しかし、近年では工事が行われたり、

新たなお店が増えたおかげで徐々に注目されるようになりました。

趣のある路地には古着屋、美容院、飲食店などのお店が立ち並び、

あまり観光客もいないため誰にも邪魔されずに買い物を楽しむことができます。

こじんまりとした路地通りには頭を垂れた柳が植えられており、辺りは静けさに包まれています。

石畳が敷かれた路地を散策していると、

まるで外界から隔離された場所を歩いているような、

あるいは過去へとタイムスリップしているかのような感覚に陥ります。

路地を歩いていると現れるレトロなブルーの看板は、かつての古き良き時代を彷彿とさせます。

柳小路通の真ん中あたりまで歩くと、小さな鳥居が現れます。

ここに祀られているのは、かつての時代からこの場所を見守っている八兵衛明神です。

八兵衛明神は、はちべーさんの名で親しまれており、8体の信楽の狸が祀られています。

信楽の狸にはそれぞれ招恋、商売上達、家内安全、金運最高、幸福満々、成績良好、心身健康、勝運良好といった願いが込められています。

買い物ついでに、この地を見守り続けてきた八兵衛明神に祈願してみてはいかがでしょうか。

柳小路通

柳小路通の情報こちら

 

133. 円山公園

京都穴場観光スポット

京都穴場観光スポット

京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット

京都穴場観光スポット

円山公園は、京都市東山区円山町にある公園です。

長い歴史を持つこの公園は、名勝にも指定されています。

名勝とは国指定の文化財の1つで、

芸術上あるいは鑑賞上価値の高い土地として見なされています。

円山公園の敷地はとても広く、

かの有名な八坂神社や知恩院が隣接しており、

敷地内には坂本龍馬・中岡慎太郎像、ひょうたん池などがあります。

そのほかにも見どころがたくさんあるため、1日中いても飽きることなく過ごせます。

そんな円山公園のシンボルとなるのが、

祇園のしだれ桜をはじめとする美しい桜の木々たちです。

春には頭を垂れながら咲き誇るしだれ桜や、

その他多種多様な花々を鑑賞することができるため、お花見にはぴったりの場所です。

現在は新型コロナウイルスの影響で夜間のライトアップは行っていないようですが、

感染症流行以前は夜になれば光に照らされた美しい夜桜を鑑賞することができました。

夜空と薄桃色の桜のコントラストには圧巻されるものがあります。

園内には八坂神社など観光客がよく訪れる場所が隣接しているものの、

敷地が広いため、敷地内にある日本庭園やひっそりと佇む甘味処では静けさに包まれたまったりとした時間を堪能することができます。

美しい桜を鑑賞しながら過ごすのも良し、

観光客が少なく、自然に囲まれた日本庭園内をじっくり散策するも良し、

甘味処で甘く美味しいお茶菓子に舌鼓するのも良しでしょう。

見どころたっぷりの円山公園で、ぜひ自分なりの時間の過ごし方を見つけてみてください。

円山公園

京都市東山区円山町

円山公園のホームページこちら

 

134. 白龍園

京都穴場観光スポット

京都穴場観光スポット
京都穴場観光スポット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し大人の休日、鞍馬・二ノ瀬「白龍園」。

あまり京都人も訪れることがない名庭園が鞍馬にある。

もとは竹やぶと熊笹だけの安養寺山とも、

つつじ山とも呼ばれていた地を京都の医療メーカーの経営者の方が縁あってこの地一帯を手 に入れて、

何と当時の社員家族と地元の手伝い衆が力を合わせて生涯をかけて名庭園として復元した。

けっして誉や利益のためではなく、ひたすら、この地に宿る史実と無数の魂を思い、祭壇 の復元、整地と開発を決心した手作りで、持続可能なこの地を訪れたいと思った。

先代、初代の経営者だった故青野正一氏がこの庭はみんなに見せないといけない、

皆さんに観て頂いて喜んでもらわないといけない。

その言葉が58年の歳月をかけて1年に2回、春の特別公開と秋の特別 公開に分けて行われる。

ドラマ「京都人の密かな愉しみBlue修行中」の中では秋の映像だった が、これが絶景。

本当に若手社員たちと地元のボランティアの方で造られたとは思えないような 庭園。

庭園もそうだが、石段、四阿(あずまや)、石畳が当時重機もないまま大きな石を運んでき たかと思うと、

何か胸が熱くなる。

完全予約制。

おすすめは春と秋。実は春の特別公開、まだ募 集中である。

車では行けない場所になるが絶対に一見の価値はある。

是非お申し込みを。

白龍園

京都市左京区鞍馬二ノ瀬町106

白龍園のホームページこちら

 

135. おさけ ごはん処 あいの家

京都穴場観光スポット

 

 

京都で本格的な東北のおばんざいと日本酒を嗜む、神宮丸太町「おさけ ごはん処 あいの家」

 

出会いは今っぽいが、YouTubeだった。

「京都ロジウラTV」が取り上げたお店の中のひとつに、 「あいの家」というお店がある。

こちらのお店を取り上げて頂いて、ありがとう、と言いたい。

お店 の最寄り駅は「神宮丸太町」、鴨川を渡り丸太町通りを少し西にいき、南に下る。

お店の前には 「おこしやす」と書かれたいかにも愛嬌のある看板がまずはお出迎えしてくれる。

毎日手書きの献 立、おすすめは東北メニュー、金華さば塩焼きはたまらないし、いぶりがっこは格別の酒の肴だ し、牛タン塩焼きもあるし、〆は絶対にはらこ飯だ。

是非、日本酒を飲んで欲しい。

おかみさんに お任せの場合、いきなり山形県の銘酒、「十四代」が振舞われることもある。

本当に美味しいお酒 尽くしだ。

おかみさんは宮城出身。

とても優しくて気さくで気が利く。

これからの季節、冷酒もたま らなく美味しい。

東日本大震災から今春で10年がすでに経過しているが、

悲しみや寂しさを微塵 にも感じないおかみさんあってのお店。

ほろ酔いで店を出て少し東に行くと鴨川のほとりが良い 冷ましとしてずっと待ってくれている。

四条や河原町ではなく、

少し通が行くお店をお探しで、呑ん べえの方は是非ご予約を。

あいの家

あいの家の情報こちら

【旅行】大手の比較・予約サイト8つをランキング!最もお得な旅行サイトはどれだ!