【京都】おすすめ穴場観光スポット223選!地元民だからこそ知る隠れ名所

61. 山科疏水

京都で数少ない桜と菜の花の写真を撮ることが出来る!

山科疏水と言うのは、琵琶湖疏水の流路のうちの「四ノ宮~日ノ岡間約4.2km」を通る部分の名前です。

山科疏水沿いには桜がたくさんあり、その脇道には遊歩道があります。

ここは京都人の散歩コースとしてとても親しまれている道です。

この道は桜と紅葉シーズンはとても美しく観光の人もちらほら訪れます。

しかしまだまだ知っている人が少ないので穴場なスポットです。

春には桜がとても綺麗に咲いていて「桜のトンネル」が見所です。

しかも桜の下には菜の花がたくさん咲いています。

菜の花と桜が同時に撮影できるスポットはあまり京都にはないのでとてもおすすめの撮影スポットです。

秋は紅葉がとても綺麗で散歩コースにおすすめです。

山科疎水

アクセス:

JR・京阪・地下鉄「山科駅」下車、東へ徒歩約10分

地下鉄東西線「御陵駅」下車、北へ徒歩約5分

 

62. 京都市京北森林公園

超絶穴場!

京都市最北端である右京区京北地域にある自然豊かな森林公園です。

京都人が、BBQなどをするときに利用する公園で、観光客は本当に少ないです!

公園内には、野外炉・ピザ窯・芝生広場・アスレチック・しいたけ園・森林浴歩道があり、BBQ・ピクニック・きのこ狩・森林浴などが楽しめるものが本当にたくさんあります。

もちろん観光客として公園に遊びに行ってもとても楽しめること間違いなしです!

京都で一通りの観光スポットに行った方はここはおすすめのスポットだと思います。

この公園の中で一番の見所は公園の高台から見える景色!とても綺麗なのでお勧めです!

京都市中心部から車で約1時間程度、無料駐車場もあってとても便利。

女性や車椅子の方にはうれしいバリアフリーでウォシュレット付のトイレもあります。

また、雨や日差しの下でもBBQが出来るよう一部は屋根付きです。

老若男女問わず、家族で一日中楽しめます。

京都市京北森林公園

住所:京都府京都市右京区京北塔町愛宕谷25番地3きのこ館

電話番号:075-853-0200

営業時間:09時00分 ~ 17時00分

定休日:月曜日

施設利用については有料。

アクセス:JR西日本バス「周山」で京北ふるさとバスに乗換「比賀江」で下車 徒歩約3分

駐車可能台数:20台

駐車場料金:無料

 

63. 猪の神社「臨済宗建仁寺塔頭 禅居庵」

亥年生まれの人は必見!

京都には動物にまつわる寺社仏閣が多くあるのをご存知でしょうか?

今回は猪の神社と呼ばれていて、境内はイノシシで埋め尽くされたスポットとして有名なスポットを紹介します。

境内にはここならではの狛猪が4頭もいます。

狛犬同様ちゃんと阿吽の口にもなっているのもポイントです。

狛猪だけが見所なのではなく、開運や勝利に導くという云われもあります。

亥年生まれの人だけでなく、受験や試験などにもおすすめのスポットだと言えます。

京都で人気の観光名所よりも空いていて、ゆっくりと境内を観光することも可能です。

京都の新たな穴場の観光スポットの一つとしてとてもおすすめです。

 

臨済宗建仁寺塔頭 禅居庵

住所:京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146

拝観料:無料

参拝時間:9:00~17:00

電話番号:075-561-5556

アクセス:京阪電鉄「祇園四条」下車徒歩約7分、市バス「東山安井」下車徒歩約7分

臨済宗建仁寺塔頭 禅居庵のホームページこちら

 

64. 神泉苑

日本で初めて花見の宴が催された場所!

神泉苑は平安時代の面影が今でも残っている史跡の1つです。

桓武天皇が平安京を建てるとき沼沢地を開いて苑としたのが始まりだそうです。

その昔は二条通りから三条通りに到る南北500m、東西240mの広大な敷地を誇る苑だったそうです。

「絶えず清水がわき出る」ということが神泉苑の由来と言われています。

徳川家康の二条城造営によって大きく削られる事となり、今ではごく小さいエリアとなりました。

長い歴史のある場所でもあるので、色々な伝説も残されています。

二条城の南側に位置する神泉苑は、平安京の造営の際、大内裏の東南に広がっていた自然の森や池を利用してつくられた名苑だったそうです。

その規模は現在の神泉苑の約10倍。

当時は帝の納涼や舟遊びなどの行事・遊宴が盛んに行われ、日本で初めて花見の宴が催された場所でもあったと伝わっています。

色んな云われがありますが人は少なめで比較的穴場なのでとてもおすすめです。

神泉苑

住所:中京区御池通神泉苑町東入

アクセス:地下鉄東西線二条城前下車徒歩約2分

営業時間:9:00~20:00

定休日:無休

TEL:075-821-1466

神泉苑のホームページこちら

 

65. けいはんな記念公園

けいはんな記念公園は京都府の精華町という京都市内よりも結構南の方にあります。

この公園はとても広く、大人から子どもまで幅広い年代の方に楽しんでもらえる公園です。

遊具広場もあるので、外で遊ぶのが好きな子どもたちにはとてもおすすめの場所です。

芝生広場では自由に遊ぶことができるのでピクニックをしたり、おしゃべりしたり、みんな自由に楽しんでいます。

それだけでなく、有料の場所もあります。

有料の場所は水景園というところで、季節の風情が楽しむことができる場所になっています。

けいはんな記念公園は、土日になると子ども連れのファミリーがとても多いです。

しかし、平日は比較的空いているので、京都市内の観光名所は行き尽くした人で平日に旅行を検討している人におすすめです。

桜のシーズンや紅葉のシーズンでは季節を楽しめますし、クリスマスのシーズンはイルミネーションもあるのでカップルでも楽しめるのでおすすめです。

けいはんな記念公園

電話番号:0774-93-1200

住所:京都府相楽郡精華町精華台6丁目1番地

営業時間:9時~17時(入園は16時30分まで)

定休日:年末年始

入園料:一般200円 小・中学生100円(広場・谷あい無料)

※施設利用などの料金は要問い合わせ

アクセス:

JR学研都市線「祝園」駅 近鉄京都線「新祝園」駅から奈良交通バス(36、37、56系統)9分

近鉄けいはんな線「学研奈良登美ヶ丘」駅から奈良交通バス(56系統)14分

※水景園へお越しの方は「公園東通り」、芝生広場へお越しの方は「けいはんな記念公園」で下車

京都から国道24号~京奈和自動車道「精華学研」IC~精華大通り利用で約50分

 

66. 乙訓寺

乙訓寺は京都の長岡京市というところにあります。

このお寺は「牡丹の花」でとても有名です。

牡丹の花が約2000株もあるので見頃の頃はとても美しく写真を撮る人で溢れている時もあるほどです。

しかし、そのシーズンを除けば比較的空いているので穴場の観光スポットと言えます!

長岡京市には行ったことがない人も多いと思うので、京都をもっと幅広く知りたいなら長岡京市もぜひ足を運んでみてください。

乙訓寺

住所:長岡京市今里三丁目14-7

電話番号:075-951-5759

拝観時間:8:00~17:00(受付終了16:45)

拝観料:500円

アクセス:阪急バス「薬師堂」下車徒歩約5分

乙訓寺のホームページこちら

 

67. 野宮神社

嵐山の中で穴場の観光地として知られている野宮神社。

実は現在は本当に穴場なのです。

では今まではどうだったかと言うと、結構混んでいることが多く、穴場ではありませんでした。

しかし現在は外国人観光客は減り日本人観光客も少ないのでとても穴場です。

今まで行くのを躊躇っていた人にはとてもおすすめです。

しかし春の桜のシーズンは嵐山にたくさんの人が足を運ぶため人が多くなると予想されるので、今まで嵐山の奥まで行っていなかった人は春は避けた方が良いです。(紅葉の時期も同様です。)

そんな野宮神社は恋愛成就の神社です。

地主神社よりも効果があると噂されているので、恋愛の悩み事はここで解決するのがおすすめです。

他には子宝安産など女性におすすめの神社です。

カップルで行くのも良いですし友達と行くのも良さそうです

野宮神社

アクセス:

京福電車「嵐山」下車 徒歩8分

三条京阪駅から京都バス61・62系統「野の宮」下車 徒歩5分

参拝時間:9:00~17:00

拝観料:無料

住所:京都市右京区嵯峨野宮町1

TEL:075-871-1972

野宮神社のホームページこちら

 

68. 明治古都館

海外に行けない今、海外にいるような雰囲気にさせてくれる!

あまり知っている人が少ないですが、かなり本格的なヨーロッパの古典的でかつ壮大な建築物が東山七条にあります。

それだけを見ると「ここは海外?」と思うほど、外国にいる雰囲気になる建築物が「明治古都館」です。

明治古都館は旧帝国京都博物館本館とも言われています。

現在は展示などは行われておらず、特別に中に入れる日以外は入ることができないのですが、ここの建築物を見るだけでも十分に価値のある場所です。(正門と庭は見れます)

この建築物の設計者は宮内省内匠寮技師片山東熊博士と言う方で、明治古都館は重要文化財にも指定されています。

東京にある帝国博物館、奈良の旧帝国博物館、京都の旧帝国博物館と3つまわるとより建築物の良さがわかるかと思います。

建築物やヨーロッパが好きな人などにおすすめしたい穴場の観光スポットです。

明治古都館

住所:京都府京都市東山区茶屋町527

電話番号:075-525-2473

FAX:075-531-0263

アクセス:市バス「博物館三十三間堂前」下車すぐ、京阪七条駅下車徒歩7分

明治古都館のホームページこちら

 

69. 風俗博物館

人形から源氏物語の世界を体感できる面白い博物館。

風俗博物館は古代から近代に至るまでの日本の風俗や衣裳の実物を展示するところとして、昭和49年にオープンした博物館です。

平成10年には、装束が具体的に生活の中でどうやって使われてきたかということを体感できるように「源氏物語~六條院の生活~」と題してリニューアル展示し、「源氏物語」の色々なシーンを選び、人形を使って展示されています。

平成24年には平安初期を題材とした物語である「竹取物語」の展示と、平安中期を題材とした物語である「源氏物語」の展示を使い、約400年という長きに渡った平安時代の服飾の流れを具体的に理解できるよう展示されています。

とても勉強になりますし、人形を使われているので本を読んだりするよりもわかりやすいので、興味がある人は一度足を運んでみることをおすすめします。

風俗博物館

住所:京都市下京区堀川通新花屋町下る(井筒左女牛ビル5階)

営業時間:10:00~17:00

休館日:日曜日/祝日/お盆(8月13日~17日)/展示替期間(6月1日~7月31日、12月1日~2月3日)

入館料:一般500円 中学生/高校生/大学生300円 小学生:200円

風俗博物館のホームページこちら

 

70. 霊山歴史館

幕末が好きな人必見!

霊山歴史館は、幕末の動乱に殉じた坂本龍馬や中岡慎太郎などの志士約400柱の墓碑が眠る霊山の麓にある博物館です。

墓碑に眠っている志士の遺品や遺墨だけでなく、新選組や徳川幕府に関する資料もかなり多くあり、倒幕と佐幕の双方の視点からみることができる等、幕末維新の総合的な資料館とも言われています。

当時の貴重な資料や大型の映像で幕末の歴史を分かりやすく説明されています。

どんな年代の人でも幕末時代が好きな人には必見の博物館です。

清水寺からも近く、行きやすいので観光の間に寄るのもおすすめです。

ぜひ足を運んで見てください。

展示物の中でも、次の2品は忘れることができません。

1.龍馬の愛刀 陸奥守吉行  

強烈な印象を受けたのは、坂本龍馬が近江屋で刺客に襲われ刺客の太刀を防ごうとしたのが、陸奥守吉行です。

龍馬の最後を看取った愛刀です。

その愛刀の鍔元15センチほど上の棟部分が10センチほど深く削られています。

これは刺客が打ち込んできた刀を龍馬が咄嗟に受け、刺客の押し込む力が強く棟を削り取ったと言われています。

日本刀の棟を削り取る刺客の力量はどれほどのものかと恐ろしくなります。

2.西郷隆盛の首を落とした刀 

明治10年、西郷が城山で別府晋助に介錯を頼み首を落としてもらいました。

その時、別府晋助の使った刀を展示していました。

驚いたのは、その刀の容姿です。

太刀の長さは、最低2尺3寸と言われています。とてもその長さには及ばず2尺ほどにしか見えません。

しかも細身です。

この細身でしかも短い刀で西郷の猪首とも言うべき太い首を落とすには、西郷の体に触れるほど近くに立たなければならないでしょう。

そして卓越した剣の技量が必要でしょう。

その刀を見た時、別府晋助という人の凄さを少し知ることができました。

幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」

料金:大人900円、高校生・大学生500円、小中学生300円

住所:京都市東山区清閑寺霊山町1

アクセス:市バス「東山安井」または「清水道」下車、徒歩約7分

営業時間:9:00~17:30(受付終了17:00)

定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始

TEL:075-531-3773

幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」のホームページこちら

 

71. 修学院離宮

京都市の北東部にある比叡山の麓に修学院はあります。

なかなか行くことのない場所なので知らない人も多いので穴場です。

江戸時代の初期に後水尾上皇によって造られた山荘として知られています。

秋の紅葉の時期は美しい紅葉、夏の新緑も美しくおすすめです。

修学院のとても広い敷地内には上離宮・中離宮・下離宮と呼ばれる3つの高さが違う台地に、それぞれ違った庭園と建物があります。

特に一番標高の高いところにある「隣雲亭」というところからは京都の山並みだけでなく、景色一体を一望できるのでとても開放感があります。

穴場なので景色を独り占めできるのも嬉しいです。

しかし、とても貴重な庭園のため事前の参観予約が必要になります。

また、18歳以下は入場できないので注意してください。

修学院離宮

住所:京都府京都市左京区修学院藪添

拝観時間:宮内庁HP要確認

定休日:宮内庁HP要確認

拝観料:無料・要事前申し込み・整理券(ただし乳幼児を含めた18歳以下の参観は不可)

アクセス:【電車】叡山電鉄修学院駅から徒歩約20分

修学院離宮のホームページこちら

 

72. 泉屋博古館

 

京都市の左京区にある住友家の美術品などを修蔵している美術館です。

あまり知られていないので結構穴場なスポットです。

住友家縁の美術品を保存していて、公開もしている日本でもなかなか珍しいタイプの美術館です。

青銅器や絵画、仏教美術、茶や香の道具など、かなり幅広く様々な縁のものを収蔵されています。

明治時代、大正時代の中国や日本の書画はでいうと逸品が充実していたりします。

特に見所として有名なのが、中国古代青銅器で、これは世界でも注目を集めるコレクションとして知られているので必見です。

春と秋によってテーマを決めて企画展示を行われています。

春と秋に両方足を運んでみるのもおすすめです。

有名な観光地からも近いところにあるので、旅行の間に行きやすいのでおすすめです。

泉屋博古館

住所:京都府京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24

営業時間:10時~17時(入館は16時30分まで)

定休日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、冬期・夏期・展示替期間

料金:【大人】800円【大高生】600円※中学生以下無料

アクセス:【京都市バス】 5・93・203・204系統、東天王町停下車徒歩3分/32、100系統、宮ノ前町停下車すぐ【京都市営地下鉄】蹴上駅下車徒歩20分

泉屋博古館のホームページこちら

 

73. 雲龍院

写経で有名な雲龍院。とても本格的な写経体験ができるのが魅力です。

この雲龍院の見所は、椿・灯籠・紅葉・松が窓に映し出される「蓮華の間」。

とても美しくこれを見る為に京都に足を運ぶ人もいるほどです。

他にも、大石良雄の書「龍淵」や、走り大黒天や悟りの窓など、色々な風情を感じられる寺院として有名です。

しかし、有名どころの観光スポットに比べると比較的穴場な観光スポットと言えます。

この寺院の歴史は古く1372年に後光厳天皇の勅願により建てられました。

1389年の南北朝時代には後円融天皇から写経の功徳を御信奉され、写経道場として有名になりました。

重要文化財にも指定されている本堂の龍華殿で写経体験を行うことができます。

蓮華の間だけでなく個人的には悟りの間もおすすめです。

丸い窓があるのが悟りの窓です。ここから見える紅葉は、その横の紅葉がみえるのがとても美しいのがポイントです。

雲龍院

住所:京都府京都市東山区泉涌寺山内町36

拝観時間: 9時~16時30分(受付止め)17時閉門

定休日:行事の際は拝観中止有り

拝観料:【大人】400円

アクセス:【電車】JR・京阪東福寺駅から徒歩25分【バス】市バス泉涌寺道停から徒歩20分【車】第二京阪自動車道鴨川西ICから5分

雲龍院のホームページこちら

 

74. わら天神

地元の人たちから「わら天神さん」と言われ親しまれれている神社です。

なぜ「わら天神」と呼ばれているかというと、安産祈願のお守りの中に入っている「藁」でできた護符に節があれば男の子が、なければ女の子が誕生すると、妊婦さんの間で信仰があるからだそうです。

この神社で祀られている木華開耶姫命は一夜にして懐妊し、3人の子を出産したという逸話があります。

この逸話から、子授け・安産・縁結びの神社として知られています。

コロナ禍ということもあり、現在は身体を大切にしてほしいとの思いからメールやFAXでの授与品頒布も行われています。

桜の時期は神社いっぱいに桜が咲き誇りとても美しいです。

しかし意外にも地元の人には有名で人気ですが府外の方には意外と知られていなくて人が少ないです。

桜や紅葉の時期以外は人がもともと少ないのでゆっくりとお参りすることができます。

女性におすすめの神社ですが、ご夫婦などで行くのがおすすめの神社です。

ぜひチェックしてみてください。

わら天神宮(敷地神社)

わら天神宮(敷地神社)

住所:京都府京都市北区衣笠天神森町10

参拝時間:8:00~16:30

アクセス:

【バス】市バスわら天神前停から北へ徒歩すぐ(目印は西大路通に面した一の鳥居)

わら天神宮(敷地神社)のホームページこちら

 

75. 実相院

 

 

京都市の左京区岩倉というところにある寺院です。

ここはとても美しい庭園が2つあることで有名です。

境内東側に奥比叡の借景が素晴らしい石庭「こころのお庭」と西側の「床もみじ」で知られる山水庭園があり、とても風情のある寺院です。

紅葉の時期だけでなく桜の時期や新緑の時期、雪が降った後など四季折々の表情がとても美しくおすすめです。

京都市内中心よりも気温が2~3度低いと言われる洛北エリアにあるため夏場は涼しくておすすめです。

洛北エリアは地元の人が多く観光客が少ないのでゆったりと観光したい人にはおすすめです。

少しアクセスが悪いですが車があると行きやすいです。

バスで行く場合は目の前にバス停があるのでそちらもおすすめです。

実相院

実相院

住所:京都府京都市左京区岩倉上蔵町121

拝観時間:9時~17時

拝観料:【大人】500円【子供】250円

アクセス:

【バス】京都バス岩倉実相院停下車

【電車】叡山電鉄鞍馬線岩倉駅下車徒歩約20分

実相院のホームページこちら

【旅行】大手の比較・予約サイト8つをランキング!最もお得な旅行サイトはどれだ!