これも販売戦略?買う気がないのに思わず買ってしまった消費者の体験談まとめ!

商品を買わせるのが販売戦略ですが、

消費者目線で買う気がなかったのに思わず買ってしまった!という実際の体験談についてまとめました!

ぜひ参考にして下さい!

 

 
1人目
ギリシャ旅行をした時のこと。
冷やかしにお土産屋さんを眺めていると、島の風景の写真を使ったカレンダーが売られていました。
ギリシャの離島はとにかく写真映えがするキレイなところだったので、こんなところがあったな~と思って見ていたところ、あるひとつのカレンダーが目に留まりました。
それは、島のネコたちの写真を使ったカレンダー。
カレンダーなんて、アプリで十分と思っている私ですが、それを見た瞬間すぐに買ってしまいました。
そのカレンダーの表紙のネコ、うちの飼いネコにそっくりだったんです。
嬉しくて、帰ってからもずっと飾っています。
 
2人目
バイクツーリングで茨城県に行った際の出来事です。
その日は物産展のようなものが行われており、地元でとれた野菜や果物などが販売されておりました。
都市部のスーパーマーケットで見るものに比べると形や包装が綺麗ではないものが多かったのですが、
新鮮そうで何より安いところに少し惹かれておりました。
とりわけ私の目を引いたのはタケノコです。少し土のついているような雰囲気の採れたてのタケノコがまるごと1本売っていたのです。
そもそもバイクで来ているのでそんなもの載せにくいし買う気はなかったのですが、1本300円という安さにやられてしまいました。
結局その日は荷台にタケノコを積んで残りのツーリングを行うことに…。
帰ってから生のタケノコの下処理に苦戦したのは言うまでもありません。
 
3人目
「買う気がないのに思わず買ってしまった」という経験は何度かあるのですが、それは商品に一目惚れした時がほとんどですね。例えば、ある程度リーズナブルなブランドのハンドバッグのお店に「暇つぶしでただ新製品を見てみる」という目的で入ったはいいものの、そこでどうしても手に入れたいという商品を見つけてしまった時でしょうか。値段的にはすぐ購入できる金額(1?2万円)で、直感的に買ってしまっていた、という感じです。あとは、「気に入った一点モノ」が思わず買ってしまった物に当たると思います。ついつい最後の1点という言葉に引っかかって、買わないで後悔したくないな、という思いで買ってしまいます。
 
4人目
用事も無いのにアンダーアーマー直営店に見に行きました。入店するとハリウッド俳優であるドゥエイン・ジョンソンとコラボしているスポーツウェアコーナーがあり、Tシャツ、タンクトップ、ノースリーブパーカー類が多数展示されています。筋骨隆々であるドゥエイン・ジョンソンがトレーニングしている写真が物凄くカッコよく、定員に勧められるまま試着しました。私もわりとマッチョな身体つきなので意外に似合いました。結果として、タンクトップとトレーニングウェア上下とノースリーブのパーカーを購入してしまいました。帰宅して冷静になるとノースリーブのパーカーはいつ着るの?といったデザインでした。以上が私の体験談です。
 
5人目
お店の接客が上手だと買うつもりがなくてもついつい買ってしまいますよね。本革の製品が好きでよく見に行くんですが、そこの店員さんがとても丁寧に製品の説明をしてくださいます。私が本革が好きな理由が使うほどに味が出てくるからなんですが、やはりそこをよく理解していて要点を突いた説明をしてくださるんです。その時は買うつもりはなかったんですが、店員さんと話が弾んでつい気に入ったバックを一つ買ってしまいました。でも、買ってしまったからといって後悔はなく、また見にいってしまうのでいいカモだなぁ?と反省しきりです。
 
6人目

インドに旅行したときに、民族衣装のサリーを買ってしまいました。最初は友人の買い物に付き合うために店に同行したのですが、その友人が商品を選んでいる間暇なので店のものを手にとって見ていると、インド人の店員が声をかけてきて「この色があなたに良く似合う」とか「あなたには特別割引してあげる」とかなりしつこく薦められ、値段もそこまで高くはなかったこともあり、断りきれず購入してしまいました。サリーは薄いのですが布のボリュームがある為重みがあり、移動に無駄な荷物を作ってしまった上、日本に帰っても当然着て行く機会が皆無なので物置にしまったまま使うことなく、結局インド好きな知人にあげてしまいました。

 
7人目
顔なじみの店員さんがいる、よく行く服屋さんに仕事帰りにふらっと寄りました。少し覗いてみようかなくらいの気持ちで、全く買うつもりではありませんでした。しかし、顔なじみの店員さんが、私の顔を見るなり待ってました!と言わんばかりに近づいてきて「新作のこのスカートが、絶対に似合うと思うんです!!」と言われ、試着室に直行しました。合わせるトップスもすでに選ばれていました。私は店内の商品をほとんど見ないまま試着をしました。その後、店内を見ていくつか試着しましたが、店員さんが最初に勧めてくれたスカートが1番似合っていました。素直に言うことを聞いておこう、と思いスカートを購入しました。
いつのまにか、買うか買わないかの選択ではなくどれを買うかの選択にされてしまっていて、さすがだなと思いました。
 
8人目
とあるショッピングモールでの出来事です。
可愛いお姉さんから話しかけられて、TSUTAYAのレンタルがネットで出来ます!と言われました。
最初はスルーしようと思ったのですが、あまりにもグイグイ来たので話は聞くことに、、
ですがそのまま、されるがままに契約をしてしまいました笑
どうしても断りきれない性格なので1ヶ月間はタダ!という言葉に食いついてしまい、する気がないのに契約。。。
翌月からは何円かかかってしまったので、やはり後悔しております笑
そのお話の後、同じところで旦那も勧誘され、されるがまま登録してしまったそうです笑
この断りきれない性格をどうにかしたいですね笑
 
9人目
私は、化粧品を百貨店で購入することが多いのですが、ついつい美容部員さんによいしょよいしょされて舞い上がってしまい、買うつもりの無かった商品まで購入してしまうことが度々あります。
例えば、「お客様、毛穴も目立たなくて色白で羨ましいです。美白を保つためにこちらの商品もどうですか?」などと言われてしまうと、褒められて嬉しくなっているのもあり、断るに断りきれず購入してしまいます。
また、化粧品以外にも、お洋服を購入する際には大体ネットなどで目星を付けて試着してから購入することに決めているのですが、実際に店舗に行ってショップスタッフさんに「今こちらの商品当店のウリです!」「当店の在庫ラスト1点なんですよ?!」などと声を掛けられることが多く、セールストークと分かっていても、””今買わないと!””と思ってしまい購入する気の無かった商品もいつの間にかレジに持って行っています。
 
10人目

買うものが無い時はお店に行かないようにしています。
しかし、買うものが合ってお店に行っても、それ以外の物を買ってしまうことがあります。

もっとひどい時は、余計な物だけ買って、肝心の物を買い忘れることがあります。
私は物覚えが悪い方なので、買い物はメモをしていくのですが、数が少ない時はメモしないので、なおさら忘れてしまうようです。

また、持ち合わせのお金で少し余裕があると、余計な物を買ってしまいやすいので、今後は気を付けたいです。
特に値引き品は買う気が無いのに、安いからという理由だけで買ってしまうことがあります。

 

いかがでしたでしょうか?

誰でも買う気はなかったのに、買ってしまった経験が・・・。

巧みにあなたの心理を突いて、心を揺さぶられている可能性があります。

そうならない為には、自分自身を客観的に知り、自分の行動の傾向を知ることが大事だと思います。

では、どうやって自分自身を知るのか・・・

オススメは、占ってもらうのが一番です。

占いって、未来?みたいなイメージが強いですが、実は ”あなたは●●●のような傾向があるから注意して下さい” のような性格に関するアドバイスにも向いています。

ただ、占いって言うと何かハードルが高くてと思っている方も多いと思いまが、

TVCMで話題の【ココナラ占い】無料会員登録はこちら、や、電話占い【ココナラ】新規会員登録で3,000円無料クーポンプレゼント中

なら、気軽に初められるのでオススメです^^